書籍情報



書籍を検索します。

カテゴリー

E★エブリスタ

三交社のブックリストです。

書影

ファックナイトレ…

成瀬一草

702円 / 9784815550318

書影

BL作家、時々オオ…

雲井ナツメ

713円 / 9784815550325

書影

人妻喰い

二階堂修一郎

780円 / 9784815575205

書影

パパは大モノ! 乱…

鳴海丈

780円 / 9784815575199

書影

乱れ咲きのΩ~未亡…

楽田トリノ

702円 / 9784815500894

三交社ニュースです。

お詫びと訂正

弊社発行書籍、古新舜・佐東みどり著 「ノー・ヴォイス」において、誤植があり…

三交社のリンクバナーです。

米国同時多発テロの「謀略史観」 解析
米国同時多発テロの「謀略史観」 解析

米国同時多発テロの「謀略史観」 解析
真犯人は国際イルミナティ三百人委員会だ!

発売日:2001年11月25日

週刊日本新聞編

ISBN:978-4-87919-580-7 / C0036 / A5判並製 / 128頁

定価1234円(税込)

サイト内で購入する。

狙いは、一つ「世界人間牧場」プロジェクトの発動だ あなたは、殺処分されるか、奴隷になる。


アメリカの常識的凡庸知識人、マスメディア並びに当局から蔑視、危険視、忌避され、逮捕監禁や発禁などの弾圧を受けながら真相究明と真実の伝達に使命感をもつ愛国者、聖職者、右翼運動家や研究者たちの最新の情報を分析・解説する。マスコミが絶対に触れない、書かない米国同時多発テロの真相を徹底的に明かす。


はじめに

第一部
911事件の真相はテロ支援超大国アメリカ、イギリスに取り憑いたユダヤイルミナティ三百人委員会の高度戦略と見抜く。
週刊日本新聞 主幹 太田 龍

序 マス・メディア、知識人学者の情報・解説では何も見えてこない、見当はずれの
対タリバン戦争・「ニュー・ウォー」とは何か?

欺瞞が見え見えの「テロリストに対する戦争」宣言
911事件は英国地政学に基づく第三次大戦の序曲
米国を潰滅させることが「彼ら」(三百人委員会)の狙い

I ビル自爆テロ……悪魔の巣窟英国に着目せよ!こんなにもある
ユダヤイルミナティ謀略の証拠

オサマ・ビンロンドンは「彼ら」のスパイ工作者の一人にすぎない
世界的国際的テロリストの本部、司令塔はロンドンにある
米国破壊の張本人、帰化ユダヤ人学者のキッシンジャーとプレジンスキー
ハンチントンも示唆する最終日標は世界島心臓部ロシアの解体
英国、イスラエル、米国諜報機関は事前に「知っていた」
肝腎なことは「黄金の曙」結成時まで戻らなければ見えてこない

II テロ支援大国アメリカ様のいいなリ
最悪の日本の対応

敗戦後、日本には「国家」「政府」「民族」が消えた
明らかに永久占領されているのに、日本はアメリカの「同盟国だ」と!?
ユダヤイルミナティ世界権力の「日本処分」最終作戦
日本全体そっくりイルミナティの呪法魔法にからめ捕られている

III 大統領・首相なとは秘密結社の下僕に過ぎない
歴史は謀略(ユダヤイルミナティ戦略)によって動かされてきている

ビンラディンが構想する「第三次世界大戦」
ヨルダン国王はフリーメーソンであり、カソリックの結社員という怪
「秘密結社」を知悉せず、ゴミ情報を弄ぶ日本の官僚、学者、専門家、ジャーナリスト
切支丹という天然痘菌以上の猛毒を防疫ぬきで招き入れた幕府当局百年の愚
バビロニアのグノーシス主義、シュメール、シリウス星人の謀略がいまも生きている
五千年来人類に取り憑いている悪魔大王の「大いなる秘密」とは
人類は支配者、掠奪者=肉食獣の捕虜=囚人であり、食料
「聖書」こそテロリズム、テロリストの原典、ホロコーストの教科書
「世界エリート」が、人工的人為的にイスラムの憎悪、狂気、脅威を造り出した

IV 世界政治経済軍事の謀略全構図の両建て作戦を暴露する
究極の狙いは世界人間牧場

地球外の知性「エイワズ」が語る「アイオーン」の真相とは?
新しい「アイオーン」に、人類は「蜂の秩序」に服する
神人と家畜人間のみで構成される「世界人間牧場」社会
人類80パーセント殺処分の効果的布石は、世界経済体制の全面的崩壊

V 狂牛病、ヤコブ病も企図されたものだった。解決の道はただ-つ
家畜制度全廃。肉食をただちにやめること

かつて「魔術的な存在」の人間もいまや、ありふれた肉片に
異星人(神々)の家畜となれロ。さもなくば一人残らず皆殺し
殺生肉食禁断、万類共尊、共存共貧の天寿学文明しかない

第二部
今の今までマスコミで語られなかった911事件の真相は、米国とイスラエルの関係から急浮上してくる。"謀略説"である。

●一瞬のエラー
WTC爆撃の陰謀を暴く!!             フィンタン・ダン

ビル内には既に爆弾が仕拗けられていた!!
成功への賭け
操縦ミス
なぜ攻撃失敗のビルが、先に倒壊したのか?

●アメリカよ、目をさませ!
「失われた環」と隠された危険を暴く!!      フリッツ・スプリングマイヤー

最初にプロセスを見て、細部は無視せよ
ブッシュ大統領はビンラディン氏のビジネス・パトナーだった!
事件当日ツインタワービル勤務の四千人のイスラエル人が欠勤という“怪”
“邪悪な天才たちよ”、他者を愛することを学ベ!
日本の人々へのメッセージ

●ロ-マ法の原理「誰が得をするか」を適用すれば、
自ら答えは“イスラエル”と出る!        W・A・カート

モサド関与説を裏付けるFBI捜査官発表
シャロン首相が有する“実力”と邪悪な過去

●モサド関与説が定説化!
前回の世界留易センター爆破事件

服役中の囚人をスカウトするモサドの常套手段

●同時多発テロは、イスラエルの諜報機関モサドが
仕掛けた一大謀略だ!              ユースタス・マリンズ

“民族主義反対”を叫ぶ世界会議から、あわてて逃げ出したアメリカ政府の正体
モサドだけがあの惨劇を演出・実行できる、これだけの理由と背景
事前に真珠湾攻撃を知っていたルーズベルト大統領から学ぶべき歴史的教訓
ビンラディン氏は過去から現在まで現地のCIAスパイ兼軍中尉!
“文化”とは何か──モサドとFBI・CIA、アメリカ合衆国と合衆国国民の関係
爆撃の真の狙いは重要な法的文書の破却にあった!!

●合衆国の背後勢力を探すなら、
誰が利益を得るのか?と尋ねなさい!        デーヴィッド・アイク

“不思議の国のアリス”と「911テロ」大惨事
“暗黒の出来事”はブッシュ政権誕生日にすでに予告が!
イルミナティの常套手段は“身代わり”
現体制破壊と世界支配が着々と進行している
“中央で避難する人々”こそテロリズムの当事者
“超長期的人類奴隷化計画”こそ彼らの最終日標
分画化されたイルミナティの構造と偽りの人間関係
イルミナティは組織を支配する者を支配する!
マイクロチップの人間への埋め込みが劇的に進化
ブッシュもブレアもイルミナティの“将棋の駒”

●「敵はアメリカ国内にいる!」大統領選候補、
 リンドン・ラルーシュ・ジュニアが、ラジオ放送で明言した!!

“グローバリゼーション”とは帝国主義の意味
背後にいる“邪悪なもの”とは誰か!?
事件の背後にイスラエル国防軍の一部と合衆国国内の同一背景グループがいる!
「同時多発テロは”未遂のクーデター”だ。事件は終わりではなく始まりなのだ!」
支配の交代こそ主謀者たちの目的。合衆国政府を新タイプの代理人が奪取する!
外交問題評議会の軍関係者の中に危険分子が存在する
世界金融システムの再編成なければまた次の悲劇が襲うとの警告

●悲劇の戦争はカスピ海沿岸を照準に!石油・ガス独占を狙う
“名前と顔ぶれ”『アメリカン・フリー・プレス』特約 マイケル・コリンズ・パイパー

戦争のゴールはカスピ海沿岸の天然資源確保
親イスラエル派“陰謀家”たちの横顔
ペレと“チームB”の暗躍。ウルフォウイッツとの結び付き
ブッシュに中東全面戦争を要求する“戦争党”の顔ぶれ
“好戦者”の名前と顔ぶれ

COLUMN ユナイテッド航空機93便は軍に撃ち落とされた可能性がある!

Coffee Break 世界の要人暗殺はイルミナティの世界征服計画の一環から成される

イルミナティによって暗殺された人々
国連はイルミナティの出先機関にすぎない
イルミナティの構成と世界戦略の決定
2050年、地球人口はイルミナティによって十億人に減らされる!

COLUMEN “過去のアメリカ”との決別こそ世界危機からの唯一の脱出法

●真珠湾奇襲/米海軍作戦部長の公式記録発見!
「ハワイ艦隊への電送拒否は大統領命令による」

“既知の奇襲”ルーズべルト謀略の構図
“真の狙い”はドイツ開戦とソ連の救済にあった!

●「911テロ」
驚くべき数の秘密                  デイヴィッド・マイヤー

幻影が現実に
まさに聖書の記述そのまま
驚くべき数の秘密
商業の崩壊
激化する国家間対立
悔い改めよ

あとがき
■参考文献
■マスメディアとは異なる真相情報を生命がけで報道する紙誌ガイド