三交社の書籍です!



書籍を検索します。

カテゴリー

E★エブリスタ

三交社のブックリストです。

書影

週末陰陽師~とあ…

遠藤遼

756円 / 9784879191939

書影

三毛猫カフェ トリ…

星月渉

734円 / 9784879191922

書影

フェアリーテイル…

咲香田衣織

680円 / 9784879192820

書影

ぼくらが恋を失う…

itz

702円 / 9784879197818

書影

強引すぎる王子様…

小出みき

690円 / 9784879193612

三交社ニュースです。

年末年始休業のお知らせ

年の瀬も押し詰まり、ご多用のことと存じ上げます。 さて、誠に勝手ながら弊…

三交社のリンクバナーです。

週末陰陽師~とある保険営業のお祓い日報~
週末陰陽師~とある保険営業のお祓い日報~

週末陰陽師~とある保険営業のお祓い日報~

発売日:2017年04月10日

遠藤遼

ISBN:9784879191939 / 256

定価756円(税込)

サイト内で購入する。


悪霊も保険相談もおまかせください!

小笠原真備はお人よしな性格が災いし、中々成績を上げられない生命保険の営業マン。だがその正体は、武蔵野を中心に人知れず悪霊調伏をする天才陰陽師だ。
平日の営業訪問で霊的に問題がある家を見つけると、週末に姉弟子の御子神ゆかりと共に悪霊調伏をしているのだ。
ある日の飛び込み営業中、真備は鷹の台の豪邸に住む清楚な女子大生・二条桜子と出会う。保険に興味を持った桜子は真備の話を熱心に聞き、訪問先の紹介までしてくれるが、それがどれも「週末案件」な家ばかりで――!?

もっと詳しく

三毛猫カフェ トリコロール
三毛猫カフェ トリコロール

三毛猫カフェ トリコロール

発売日:2017年04月10日

星月渉

ISBN:9784879191922 / 256

定価734円(税込)

サイト内で購入する。


その三毛猫カフェは、大事な『手紙』を届ける――

姫路の高校に通う夏梅虎羽は、なぜか口笛で猫を呼べる。
その特技をあてにされ、三毛猫だけの猫カフェ『トリコロール』を手伝う幼馴染の三宅華鈴に、猫が脱走するたびに駆り出されている。
ある日虎羽は部活の先輩の黒川に、猫カフェ店主で華鈴の祖母である花枝に相談をしたいと頼まれる。
実は三宅家の女性には不思議な力が備わっていて、その力でアドバイスをすることがあるのだ。
話を聞いた華鈴が黒川にあるキーワードを伝えると――。
猫と癒しのつまった、ちょっと不思議な物語。

もっと詳しく

花屋の倅と寺息子 高爪統吾と心霊スポット
花屋の倅と寺息子 高爪統吾と心霊スポット

花屋の倅と寺息子 高爪統吾と心霊スポット

発売日:2017年03月10日

葛来奈都

ISBN:9784879191885 / 368

定価778円(税込)

サイト内で購入する。


ドSとビビリの友情の危機!?大人気!オカルトキャンパスライフ第二弾!

高爪統吾と柄沢悟は霊が視(み)えるという共通点を持つ友人同士。
ある日統吾たちは、切羽詰まった様子の軽音サークルの先輩から相談を受ける。
それは面白半分で仲間たちと無理心中があった屋敷に行ってから、恐ろしい夢を見るというものだった。
それを聞いた悟は激怒し、先輩を殴り飛ばしてしまう。
「肝試しなんかして霊を怒らせた奴をお前は助けるのか」と悟に言われた統吾は、「霊も先輩も助けたい」と答える。
その言葉に悟は付き合いきれないと言って去ってしまい――。
表題作他6編収録!

もっと詳しく

テルテル坊主の奇妙な過去帳
テルテル坊主の奇妙な過去帳

テルテル坊主の奇妙な過去帳

発売日:2017年01月10日

江崎双六

ISBN:9784879191892 / 256

定価756円(税込)

サイト内で購入する。


『煉獄ゲーム』の原作者の新境地!
破天荒な和尚と真面目な小坊主の仏教ミステリー
中学生小坊主の典弘は、実家の寺を継ぐため天厳寺の変り者の和尚・照玄の下で日々修行に励んでいる。
ある日、檀家から葬儀の相談を受け照玄に同行するが、亡くなった79歳のカヨ子の死に顔を見た照玄は、孫の美香の前で
「とても悲しい顔をしているね」と呟く。
同じ様に思っていた美香は、祖母が仏間の柱に自ら頭を打ち死亡したことを話す。
現場の状況から他殺の可能性はないと考えられていたが、信心深いはずのカヨ子の家の仏壇に異変を感じた照玄は他の家族にも話を聞きたいと言い出し――。

もっと詳しく

青い桜と千年きつね
青い桜と千年きつね

青い桜と千年きつね

発売日:2016年12月10日

戌井猫太郎

ISBN:9784879191878 / 256

定価734円(税込)

サイト内で購入する。


出会った少女が抱えていたのは、ただ一つの恋だった――

男子高生・古町大吾は夏祭りの夜、狐のお面を被った少女に「ひとつだけ願いを叶えてやろう」と言われる。
冗談と捉え「面の下が見たい」と答えた大吾が目にしたのは、月のように輝く金色の瞳だった。
後日、再び現れた少女・きつねは、自らが妖怪であることを打ち明け、願いを叶えた対価として『ある計画』に加担するよう大吾を脅してくる。
しかもその計画には大吾の憧れの女生徒・菊田あかりも関係していて――。
京都を舞台に繰り広げられる小さな妖しの千年の恋物語。

もっと詳しく

シャーベット・ゲーム 四つの題名
シャーベット・ゲーム 四つの題名

シャーベット・ゲーム 四つの題名

発売日:2016年12月10日

階知彦

ISBN:9784879191861 / 256

定価734円(税込)

サイト内で購入する。


ホームズのような女子高生探偵、再び登場!

朝霧学園高校に通う穂泉沙緒子と和藤園子は、クラスメイトの塀内准奈から県内名門校の神原高校で殺人未遂事件があったことを聞く。
被害者はミステリー文芸部の部員で、そのポケットには謎の暗号が書かれた紙が入っていた。
そしてミステリー文芸部が出している作品集の目次にも違和感のある題名が書かれており――。
事件に興味を持ったふたりは、神原高校に向かう。
<四つの題名>
他、大学のテニスサークルで起きた不可解な服毒自殺事件<まだらの瓶>を収録。
沙緒子と園子が再び事件に挑む!

もっと詳しく

そこまで塩分いりません
そこまで塩分いりません

そこまで塩分いりません

発売日:2016年11月10日

横田アサヒ

ISBN:9784879191854 / 256

定価734円(税込)

サイト内で購入する。


なんで俺が事件解決しなきゃいけないの!?

佐東利雄は家が探偵事務所だったせいで周りから理不尽なドラマ性を求められて以来、平凡・堅実を信条として
生きてきた。
国家公務員を目指し順風満帆な大学生活を送っていたが、ある日、母親を交通事故から救った志川渡という男が家に同居することになる。
しかし利雄は志川になぜか嫌な気配を感じる。
そんな利雄に志川は不敵な笑みを浮かべ「俺は人間じゃない、魂回収係だ」と告げてきた。
更に近所に住む女性・岡野が明日死ぬと教える。
利雄は岡野が危ないところを助けるが、そのせいで殺人事件が起きてしまい――

もっと詳しく

調香師 成瀬馨瑠の芳醇な日常
調香師 成瀬馨瑠の芳醇な日常

調香師 成瀬馨瑠の芳醇な日常

発売日:2016年11月10日

端島凛

ISBN:9784879191854 / 256

定価734円(税込)

サイト内で購入する。


アロマ雑貨店『馥郁堂』には、美しい魔女が住んでいる

高校生二年生の白石颯太は、祖母のお見舞いの帰りに奇妙な店を見つける。
『馥郁堂』と掲げられたそのアロマ雑貨店では、魔女のように美しい店主・成瀬馨瑠が珈琲を淹れていた。
店内に入るなり「香りに敏感」だという馨瑠に首筋の匂いを嗅がれ動揺する颯太だったが、彼女に促されて祖母の病状や胸の内を打ち明ける。
すると馨瑠は、あるものを持ってきてもらえれば颯太の力になることができるかもしれないと言い出し――。
調香師と男子高校生が織りなす、香りにまつわる芳しい六つの物語。

もっと詳しく

零の記憶
零の記憶

零の記憶

発売日:2016年10月11日

風島ゆう

ISBN:9784879191830 / 368

定価778円(税込)

サイト内で購入する。


ねえ零、私あんたに、伝えたいことがあるのよ

高校教師としてそつなく日々を過ごす鈴宮一貴のクラスには、如月零という奇妙な生徒がいる。
個性的な風貌で何者にも興味がないような態度の彼女に一貴も当たり障りなく接していたが、ある日廊下を走っている零にぶつかってしまう。
「この変態!」眼鏡を拾ってやった礼を言うどころか、そう罵り、他人には知りえないはずの一貴の元カノのことを言い当て逃げ去っていく零。
零が取り乱していたのは彼女の中学時代の友人が亡くなったからだと知った一貴は零を告別式に連れて行くが、式場で何かを「見た」零はその場で倒れてしまい――。

もっと詳しく

おいしいは正義
おいしいは正義

おいしいは正義

発売日:2016年10月11日

松田未完

ISBN:9784879191823 / 368

定価778円(税込)

サイト内で購入する。


俺はいちご大福にしか欲情できないんだ!

杉元新一はいちご大福をこよなく愛する交通課の警察官。
機械に強いという理由で親友の刑事課の三國を手伝い、通り魔事件を調査するが、手がかりが少なく被害者の身元すら掴めない。
そんな中、第一発見者の女性フードジャーナリスト・松樹いたるが、被害者が最後に食べた甘味とそれを提供した店を言い当てる。
そのまま何故か捜査にも同行してくる松樹。
自由な彼女の行動や署内の軋轢、苦い記憶を残す過去の事件に翻弄されながらも捜査を進める杉元だったが、事件は誘拐身代金事件、そしてテロと繋がり始め――。

もっと詳しく