三交社の書籍です!



書籍を検索します。

カテゴリー

E★エブリスタ

三交社のブックリストです。

書影

上条衿イラスト集 …

上条衿

3520円 / 9784815540340

書影

獅子王と秘密の庭

柚槙ゆみ

770円 / 9784815532369

書影

つがいはキッチン…

鳥舟あや

770円 / 9784815532352

書影

花琳仙女伝 引きこ…

桜川ヒロ

726円 / 9784815535216

書影

女たらしなオジサ…

南志都

748円 / 9784815590048

三交社ニュースです。

お詫びと訂正

弊社発行書籍、古新舜・佐東みどり著 「ノー・ヴォイス」において、誤植があり…

三交社のリンクバナーです。

ぼくの少年刑務所暮らし
ぼくの少年刑務所暮らし

ぼくの少年刑務所暮らし

発売日:2001年05月31日

福島翔六著

ISBN:978-4-87919-576-0 / C0093 / 四六判 / 264頁

定価1430円(税込)

サイト内で購入する。

少年刑務所での生活と周囲のひとびととの関わり、多くの若者に通底する日常のふとよぎる影と陥穽(おとしあな)を鮮やかに、コミカルに描く。


「覚醒剤取締法違反」で逮捕された「ぼく」は執行猶予三年、保護観察三年の刑を受ける。あと数カ月で執行猶予が終るという時に隠れてシンナーや覚醒剤をやったり、保護司への訪問を怠る。たったひとりで祝う二十三歳の誕生日に、新宿で覚醒剤を買う、……少年刑務所。塀のなかでの暮らしを「仕事」と割りきる少年ヤクザ、人情味あふれる熱血漢の先生、食事の取引や殴り合いのケンカで懲罰に挙がる者。ぼくも時には人をからかったり、陰険ないじめにあう。 待ちに待った仮釈放で家に帰り着いたぼくは、また新宿に出る。そこには一年前のぼくが……。

もっと詳しく

吉本隆明が語る戦後55年 第4巻
吉本隆明が語る戦後55年 第4巻

吉本隆明が語る戦後55年 第4巻
フーコーの考え方

発売日:2001年04月25日

吉本隆明他著 吉本隆明研究会編

ISBN:978-4-87919-204-2 / C1330 / A5判 / 144頁

定価2200円(税込)

サイト内で購入する。

日本発=世界思想のすべてを語り,論じ,考究する.
吉本隆明が自ら語る「戦後55年」の足跡1500枚を完全収録.


全12巻の内容
【吉本隆明が語る戦後55年】
(各巻に以下の通り収録――週刊読書人1995年8月18日~2000年3月31日掲載『吉本隆明戦後50年を語る』のオリジナル原稿を再整理し注釈を付す)

第1巻 60年安保闘争と『試行』創刊前後  
第2巻 戦後文学と言語表現論  
第3巻 共同幻想・民俗・前古代  
第4巻 フーコーの考え方  
第5巻 開戦・戦中・敗戦直後――『マチウ書試論』を中心に  
第6巻 政治と文学をめぐって/心的現象・歴史・民族  
第7巻 初期歌謡から源氏物語まで/親鸞とその思想  
第8巻 マス・イメージと大衆文化/ハイ・イメージと超資本主義  
第9巻 天皇制と日本人  
第10巻 我が少年時代と「少年期」  
第11巻 詩的創造の世界  
第12巻 批評とは何か/丸山真男について

※上記の他に、各巻に下記の内容を掲載
【現在への発言】
(吉本隆明によるホットな社会・政治・文化時評/語り下ろしで毎号収録)
【吉本隆明との出会い】
(さまざまな分野の人々へのインタビュー)
【時代の中の吉本隆明】
(60年代の吉本隆明/70年代の吉本隆明/80年代の吉本隆明他)
【批評】
(吉本隆明の諸著書や思想を対象とする評論)
【その他】
(吉本隆明が提起したさまざまなテーマを受けての諸論考)

もっと詳しく

職人
職人

職人
伝えたい日本の”魂”

発売日:2001年04月01日

エス・ビー・ビー編

ISBN:978-4-87919-574-6 / C0072 / 四六判 / 292頁

定価1980円(税込)

サイト内で購入する。

伝えたい日本の"魂"


十五人の匠たちの本音のインタビューと、黒川紀章他のエッセーをまとめる。
いつの間にか、人々の日々の暮らしから潤い、粋でいなせな活力と、美しさの「型」が消えた。
それは世の中から「職人技」が失われたからにほかならない。
職人技とは何か? 今も息づく日本各地の伝統技芸を探る。

もっと詳しく

花日記「犬と歩けば」
花日記「犬と歩けば」

花日記「犬と歩けば」

発売日:2001年03月14日

星野達郎著

ISBN:978-4-87919-618-7 / C1070 / 136頁・フルカラー / A5判

定価2200円(税込)

サイト内で購入する。

「愛犬と風流を楽しむ方法があるなんて清少納言も知らなかっただろう」 (かくつとむ・ネイチャージャーナリスト)


厳寒に耐えた蕗の薹、東一華…。  草原の朝露をうける夕菅、小鬼百合…。   山路の韻を奏でる山鳥兜、竜胆…。 山野草への想いを、豊かな知識とユーモアで綴る花日記。

140点の写真を全頁カラーで。

もっと詳しく

吉本隆明が語る戦後55年 第3巻
吉本隆明が語る戦後55年 第3巻

吉本隆明が語る戦後55年 第3巻
共同幻想・民俗・前古代

発売日:2001年03月05日

吉本隆明他著 吉本隆明研究会編

ISBN:978-4-87919-203-5 / C1330 / A5判 / 144頁

定価2200円(税込)

サイト内で購入する。

日本発=世界思想のすべてを語り,論じ,考究する.
吉本隆明が自ら語る「戦後55年」の足跡1500枚を完全収録.


全12巻の内容
【吉本隆明が語る戦後55年】
(各巻に以下の通り収録――週刊読書人1995年8月18日~2000年3月31日掲載『吉本隆明戦後50年を語る』のオリジナル原稿を再整理し注釈を付す)

第1巻 60年安保闘争と『試行』創刊前後  
第2巻 戦後文学と言語表現論  
第3巻 共同幻想・民俗・前古代  
第4巻 フーコーの考え方  
第5巻 開戦・戦中・敗戦直後――『マチウ書試論』を中心に  
第6巻 政治と文学をめぐって/心的現象・歴史・民族  
第7巻 初期歌謡から源氏物語まで/親鸞とその思想  
第8巻 マス・イメージと大衆文化/ハイ・イメージと超資本主義  
第9巻 天皇制と日本人  
第10巻 我が少年時代と「少年期」  
第11巻 詩的創造の世界  
第12巻 批評とは何か/丸山真男について

※上記の他に、各巻に下記の内容を掲載
【現在への発言】
(吉本隆明によるホットな社会・政治・文化時評/語り下ろしで毎号収録)
【吉本隆明との出会い】
(さまざまな分野の人々へのインタビュー)
【時代の中の吉本隆明】
(60年代の吉本隆明/70年代の吉本隆明/80年代の吉本隆明他)
【批評】
(吉本隆明の諸著書や思想を対象とする評論)
【その他】
(吉本隆明が提起したさまざまなテーマを受けての諸論考)

もっと詳しく

吉本隆明が語る戦後55年 第2巻
吉本隆明が語る戦後55年 第2巻

吉本隆明が語る戦後55年 第2巻
戦後文学と言語表言論

発売日:2001年02月05日

吉本隆明他著 吉本隆明研究会編

ISBN:978-4-87919-202-8 / C1330 / A5判 / 144頁

定価2200円(税込)

サイト内で購入する。

日本発=世界思想のすべてを語り,論じ,考究する.
吉本隆明が自ら語る「戦後55年」の足跡1500枚を完全収録.


全12巻の内容
【吉本隆明が語る戦後55年】
(各巻に以下の通り収録――週刊読書人1995年8月18日~2000年3月31日掲載『吉本隆明戦後50年を語る』のオリジナル原稿を再整理し注釈を付す)

第1巻 60年安保闘争と『試行』創刊前後  
第2巻 戦後文学と言語表現論  
第3巻 共同幻想・民俗・前古代  
第4巻 フーコーの考え方  
第5巻 開戦・戦中・敗戦直後――『マチウ書試論』を中心に  
第6巻 政治と文学をめぐって/心的現象・歴史・民族  
第7巻 初期歌謡から源氏物語まで/親鸞とその思想  
第8巻 マス・イメージと大衆文化/ハイ・イメージと超資本主義  
第9巻 天皇制と日本人  
第10巻 我が少年時代と「少年期」  
第11巻 詩的創造の世界  
第12巻 批評とは何か/丸山真男について

※上記の他に、各巻に下記の内容を掲載
【現在への発言】
(吉本隆明によるホットな社会・政治・文化時評/語り下ろしで毎号収録)
【吉本隆明との出会い】
(さまざまな分野の人々へのインタビュー)
【時代の中の吉本隆明】
(60年代の吉本隆明/70年代の吉本隆明/80年代の吉本隆明他)
【批評】
(吉本隆明の諸著書や思想を対象とする評論)
【その他】
(吉本隆明が提起したさまざまなテーマを受けての諸論考)

もっと詳しく

なげ入れ花作例シリーズ 第6巻
なげ入れ花作例シリーズ 第6巻

なげ入れ花作例シリーズ 第6巻
冬(枝ものを中心に)

発売日:2001年01月20日

工藤和彦著

ISBN:978-4-916049-08-7 / C1376 / B5判変形 / 84頁(内カラー72頁)

定価1975円(税込)

サイト内で購入する。


基本花型か本格文人なげ入れまで,一輪いえっから多種挿しまで,また趣向的なものからなげ入れ応用の掛け花,釣り花まで.  いけばなのエッセンスといわれる「なげ入れ花」(瓶花).その豊かな世界に伝統を踏まえつつも新感覚で挑戦する.身近な圭子の参考作例としては勿論,なげ入れ花作品集としても類を見ない画期的なカラー作例シリーズ.

もっと詳しく

遺伝子を操作する
遺伝子を操作する

遺伝子を操作する
ばら色の約束が悪夢に変わるとき

発売日:2000年11月20日

メイワン・ホー著 小沢元彦訳

ISBN:978-4-87919-147-2 / C0045 / 四六判上製 / 408頁

定価3080円(税込)

サイト内で購入する。

生命現象に暴力的に介入する「悪しき科学」とそれを支える人間-生命観を科学的,論理的,社会・経済的に徹底的に批判する,勇気と指針の本.


公害問題の悲劇を最初に指摘して世界的なベストセラーとなったR・カーソンの『沈黙の春』の再来の呼び声高い,英国の女性生物物理学者による,巨大ビジネスと結託した遺伝子科学の現状への深い憂慮を込めた批判の本.
「遺伝子革命」は,果して当事者達が宣伝するように,人々にばら色の未来を約束するのか.その約束と現実を,科学的,倫理的,社会・経済的に徹底的に再検証しながら,生命現象に暴力的に介入する「悪しき科学」の欺瞞と犯罪性を鋭く摘発する.
遺伝子組み換え食品,生命の特許化,クローニング,動物工場,遺伝子治療・診断,異種間移植など,最新の科学的成果として,連日のように喧伝される,遺伝子組み換え技術を利用したテクノロジーに対し,漠然とした不安と懸念をいだく幅広い一般読者へ向けて書かれた知性と勇気に満ちた指針の書.

もっと詳しく

大いなる秘密 下「世界超黒幕」
大いなる秘密 下「世界超黒幕」

大いなる秘密 下「世界超黒幕」

発売日:2000年11月10日

デーヴィッド・アイク著 太田龍監訳

ISBN:978-4-87919-146-5 / C0095 / 四六判 / 577頁

定価2530円(税込)

サイト内で購入する。

大ベストセラーになったグラハム・ハンコック『神々の指紋』をさらに凌駕する、驚嘆・感嘆・興奮させる掛け値なしに、血わき肉踊る「世界を変えてしまう」衝撃の書。


若き真理探索者である著者は、世界各地に点在する超古代文明の口碑・文献痕跡を渉猟、超秘密結社ブラザーフッドによる洗脳 ・コントロールからの命がけの脱出者の証言等々、膨大な事実の集積と脅威的な情報量を駆使、分析・熟考して、ついに人類全史のトップシークレットを突き止めた!その驚愕の全容を暴露する。いま現在、世界中を覆い尽くしている不吉で不健全で冷酷な文明、つまり政治・経済・金融・軍事・文化・芸術・学術・宗教・科学・技術などあらゆる分野の最先端で指導、支配、牛耳っているスーパー・パワーエリート、エグゼグティブたちの正体を見極める。

もっと詳しく

吉本隆明が語る戦後55年 第1巻
吉本隆明が語る戦後55年 第1巻

吉本隆明が語る戦後55年 第1巻
60年安保闘争と『試行』創刊前後

発売日:2000年11月05日

吉本隆明他著 吉本隆明研究会編

ISBN:978-4-87919-201-1 / C1330 / A5判 / 144頁

定価2200円(税込)

サイト内で購入する。

日本発=世界思想のすべてを語り,論じ,考究する.
吉本隆明が自ら語る「戦後55年」の足跡1500枚を完全収録.


全12巻の内容
【吉本隆明が語る戦後55年】
(各巻に以下の通り収録――週刊読書人1995年8月18日~2000年3月31日掲載『吉本隆明戦後50年を語る』のオリジナル原稿を再整理し注釈を付す)

第1巻 60年安保闘争と『試行』創刊前後  
第2巻 戦後文学と言語表現論  
第3巻 共同幻想・民俗・前古代  
第4巻 フーコーの考え方  
第5巻 開戦・戦中・敗戦直後――『マチウ書試論』を中心に  
第6巻 政治と文学をめぐって/心的現象・歴史・民族  
第7巻 初期歌謡から源氏物語まで/親鸞とその思想  
第8巻 マス・イメージと大衆文化/ハイ・イメージと超資本主義  
第9巻 天皇制と日本人  
第10巻 我が少年時代と「少年期」  
第11巻 詩的創造の世界  
第12巻 批評とは何か/丸山真男について

※上記の他に、各巻に下記の内容を掲載
【現在への発言】
(吉本隆明によるホットな社会・政治・文化時評/語り下ろしで毎号収録)
【吉本隆明との出会い】
(さまざまな分野の人々へのインタビュー)
【時代の中の吉本隆明】
(60年代の吉本隆明/70年代の吉本隆明/80年代の吉本隆明他)
【批評】
(吉本隆明の諸著書や思想を対象とする評論)
【その他】
(吉本隆明が提起したさまざまなテーマを受けての諸論考)

もっと詳しく